FC2ブログ

ボヤキ(2019年7月30日)

独り言
07 /30 2019
某大手昆虫用品店A社に発注をしました。A社は水曜日が定休日なので、火曜日の時間内、1時間前にファックスしました。A社はメールでの注文をとってなく、主にファックス(紙でお願いされている)。注文書には「送料が分からないので、教えてください」と返事を待つがいっこうに返事が無い。A社は先払いでないと送ってくれないから送料を聞かないと送金ができない。定刻が過ぎたがファックス再送した。定休明けの木曜、夕方になっても返事がないので、しびれを切らし、電話をする。火曜日に2度もファックスしているのに見つからないの一点張り、しかたがないので再送する。随分時間をおいて、返事のファックスがあった。恐らく、渋々なのだろう。当方は、金額が分かると、即電信振込をして、今しがた送金しましたとファックスを返す。10分もたたないうちに返事を返した。送金の案内とともに以前に如意棒を注文した際に、ゆうパック扱いであったが、船便になってしまい、ご注文頂いたお客様を随分待たせたことがあった。それを思い出し、品名はくれぐれも丁寧に書いて下さいとお願いした。
ちなみにA社は郵便振替用紙が手元に届かないと発送してくれない。
それで、金曜日にようやくゆうパックで発送してくれたようだ。
東京から沖縄への荷物は遅くとも中一日、日曜日には届くはずだが、待てども届かない。結局、荷物が届いたのは火曜日の夜。やはり「航空輸送禁止」の赤い貼り紙。今回は、A社も気をきかせて「展翅テープ」と書いてくれていた。頭に来て、取り次ぎ元の東京の郵便局へ猛抗議。紙製品が何故、危険で飛行機に乗せられないのか!!と。担当者はもの凄く頭の悪い人のようで、自分の分からない製品は全て船便にするというマニュアルになっているようだ。それなら、今後は品名にリンゴと書いてもらいましょうね。と言い放った。無知な郵便局員に説明するのも疲れてしまった。そもそも、昆虫用品に危険なものはありませんよ、もっと勉強しなさいと電話を切りました。
今回は今まで発注したことない商品なので大きさがどのくらいなのか分からなかった。結局、ゆうパックの中身を開けて、お待ち頂いているお客様への発送のため、急ぎ荷造りするとレターパック510にピッタリ入るサイズでした。
大手A社、送料はお客様持ちだから、どうでも良い(手っ取り早くゆうパックにしとけ〜ってなもん)と言う考えなのだろう。東京〜沖縄のゆうパック料金、レターパックの約3倍。しかもレターパックは速達扱い。船便になったゆうパック、送料は3倍かかる。割が合わないな〜とボヤク。
やり場の無い怒り。誰も読まないだろうとブログにぶつけてみた。
零細な双尾IIは、沖縄と言う不利な場所にあるそれでも「お客様本意に考える」を念頭(迅速、丁寧、お客様への送料と言うご負担を少しでも軽減する)に頑張ろうと思った次第。
/////////////////////////////


忍者AdMax
にほんブログ村 その他ペットブログ 蝶(チョウ)へ
にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ うるま(市)情報へ
にほんブログ村 旅行ブログ 離島旅行へ




スポンサーサイト



島蝶コメッチ

沖縄本島に移り住んだ島ナイチャーです。日々の出来事や自然観察したことをご紹介します。